SDGsへの取り組み

社内チーム体制

SDGsへの取り組み


事業活動とSDGs

EVモニター・プログラムEVモニター・プログラム

次世代モビリティとして期待されるEVの無料体験を実施。
環境負荷の少ないEVデモカーを長時間試乗いただき、充電方法や乗り心地、社用車としての使い勝手を、体験して頂く取組みを行っています。


カーボンオフセット付きリースの取扱い

東洋カーマックスでは社用車のリース期間中に発生するCO2排出量を、カーボンクレジットによってカーボンオフセットするリースを取り扱っております。


コインパーキングへEV充電器設置

環境負荷低減に向けた取り組みとして、三菱UFJ銀行お客様提携駐車場へEV普通充電器を設置しました。
今後は弊社管理コインパーキングへEV充電器設置を検討していきます。


ソーラーパネル設置ソーラーパネル設置

東洋カーマックスが経営しているコスモ石油箕面船場サービスステーションにおいてソーラーパネルを設置しました。
発電状況を弊社玄関モニターにて投影しています。


CarSupport21にてCO2測定機能を提供CarSupport21にてCO2測定機能を提供

東洋カーマックス提供システムCarSupport21 にてCO2測定機能を提供しています。ご利用ガソリン等の情報から、表示することができます。


ボランティア活動まちかどクリーンデー(東京都中央区)、大阪清掃活動まちかどクリーンデー(東京都中央区)、大阪清掃活動

地域社会貢献活動の一環として、会社周辺の定期的な清掃、ゴミ拾いをしています。現在1ヶ月に1回のペースで活動を実施しています。

東京本部は中央区推進のまちかどクリーンデーに賛同して活動、大阪本社も同様の活動をしています。


ボランティア活動(湿地保全、里山保全)ボランティア活動(湿地保全、里山保全)

地黄湿地保全や里山保全活動などのボランティア活動を実施しました。
また、東洋カーマックスではボランティア休暇を制定し、企業としてボランティア推進を行っています。

寄付への取組寄付活動

東洋カーマックスでは毎年、売上の一部をサステナビリティな活動を行う組織や災害支援等の目的にて寄付を行っています。
例)コロナ禍での各種支援、交通遺児の方への就労や生活支援、2024年の能登半島地震復興への寄付等


働き甲斐のある職場づくり健康経営健康経営

健康経営の一環として以下のような取組みを行っています。また「健康経営優良法人2024年」に認定されました。

  • &wellアプリの導入
    会社負担にて希望社員に導入。楽しみながら健康活動に取り組んでいます。
  • RUN RUN RUNへの参加
    みどり会主催のRUN RUN RUNに参加。
  • OFFICE DE YASAIの導入
    野菜を中心とした健康的な食べ物をオフィスに設置。 毎日おいしく健康に取り組んでいます。
  • 各種健康セミナーの開催
    社員一人ひとりの健康増進に向けた各種セミナーを行っています。
    例)生活習慣病セミナー、禁煙セミナー、メンタルヘルスセミナー、肥満/睡眠セミナー、女性特有セミナー等

職場環境の改善職場環境の改善

東京オフィスにコミュニケーションルームを開設しました。1人で集中したい時、ちょっとした打合せ、業務中の一休みなどなど、個人個人が働きやすい職場環境を追及しています。
(2024年度に大阪オフィスにも開設予定)

また、サントリー社の「会社のおごり自販機」を設置しました。普段は会話しない、他部署の同僚とのコミュニケーションに役立っています。


その他地球にやさしい製品の選択地球にやさしい製品の選択

60周年ノベルティグッズに「海洋プラスチックごみ」を活用したボールペンを採用しました。当社卓上カレンターは、紙のプラリングを採用した環境に優しい商品です。


ペーパーレス化

ペーパーレス化に積極的にチャレンジ。断捨離を行い、執務室内の紙を半減しました。

また、請求書や契約書等の電子化にも取組みました。特に請求書は、お客様の協力もあり月間1万件の宛先を80%以上電子化しました。

その他にも電話があった際のお知らせメモをPCを使ったチャット機能に置き換える等、小さなことから、気づいたことからコツコツと、今後も更なるペーパーレス化を行います。

メニュー